作品紹介

80周年記念出版 宮城谷文学はこの一作にはじまる!

神霊が支配する最後の神の国・商はいかに滅びたのか。かつてだれも描かなかった未踏の文学空間。記念すべき処女長篇小説である

担当編集者より
「三年園(えん)を窺わず」という言葉があるそうですが、無名時代、郷里でひとり、この処女長篇に没頭した氏の歳月ほど、これにふさわしいものはないでしょう。世にでた初版はわずか五百部にすぎませんが、司馬遼太郎氏、白川静氏から予想もしなかった便りがとどき「喜びで胸がふるえた」と作者は記しております。物語の主人公・箕子(きし)は商(殷)王朝の再生をねがいつつ果せず、北方のどこかで王国を築いたとされる人物。当時の作者自身の自画像をおもわせる作品です。(MK)
商品情報
書名(カナ) オウケノフウジツ ミヤギタニマサミツゼンシュウ
ページ数 424ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製布装貼函入
初版奥付日 2003年05月10日
ISBN 978-4-16-641130-6
Cコード 0393

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く