単行本
単行本

太公望(上)宮城谷昌光全集 第十二巻

宮城谷昌光

  • 定価:本体4,571円+税
  • 発売日:2003年10月09日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

80周年記念出版 波瀾と驚きにみちた代表的巨篇!

少年の名は望という。遊牧民羌族の子で、のちに苦難のすえ商王朝を覆滅させた男。かつて語られなかったその生涯を雄渾に描く大作

担当編集者より
太公望呂尚ほどこの作家自身と深い縁で結ばれた人物はいないといえましょう。処女作『王家の風日』に始まり、短篇「甘棠(かんとう)の人」、そして十年ののちこの大作として結実したことになります。太公望が創出したとされる商(殷)周革命が中国史の始まりとすれば、作者を中国古代という歴史の沃野に導いたのはこの人物にほかなりません。人狩りをのがれ草原をさまよい苦難をかさね、不世出の革命家になるまでの清しく雄渾な成長小説の名品です。(MK)
商品情報
書名(カナ) タイコウボウ ミヤギタニマサミツゼンシユウ
ページ数 592ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製布装貼函入
初版奥付日 2003年10月10日
ISBN 978-4-16-641220-4
Cコード 0393

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く