単行本
単行本

司馬遼太郎対話選集 5アジアの中の日本

司馬遼太郎 関川夏央監修・解説

  • 定価:本体2,000円+税
  • 発売日:2003年03月27日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

80周年記念出版 日本はアジア各国のよきパートナーとなりうるか

明治以来の日本の対外進出、侵略は、アジアにそして日本人の世界観にいかなる影響を与えてきたか。それを検証しつつ共生の道を探る

担当編集者より
明治以来の日本の対外進出、侵略は、アジアにそして日本人の世界観にいかなる影響を与えてきたか。本書ではそれを検証しつつ、アジア各国との共生の道を探っていきます。知的刺激に満ちた十二人との対話をお楽しみ下さい(桑原武夫、陳舜臣、開高健、金達寿、李御寧、松原正毅、岡本太郎、梅棹忠夫、中村喜和、佐原真、井筒俊彦、ロナルド・トビ)。今回が対話選集の最後の巻になります。全巻を通して、司馬さんは憂い、私たちに問いかけています。日本はどこへ行こうとしているのか、日本人はいつからこんなに下品になってしまったのか、と。果して私たちは、司馬さんの愁眉を開くことができるのでしょうか。(SK)
商品情報
書名(カナ) シバリョウタロウタイワセンシュウ アジアノナカノニホン
ページ数 528ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2003年03月30日
ISBN 978-4-16-641450-5
Cコード 0395

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く