作品紹介

司馬文学に新しい光をあてる豊かな短篇小説の世界

1967年から68年に発表された九篇を収める。68年4月、「坂の上の雲」連載開始。作家・司馬遼太郎は大きく変貌しつつあった

担当編集者より
1967年から68年10月までに発表された短篇9篇が収められています。司馬さんは67年に大阪芸術賞を、68年に毎日芸術賞を受賞されています。今年のNHK大河ドラマは「功名が辻」ですが、68年は北大路欣也主演の「竜馬がゆく」でした。また、同年4月より「坂の上の雲」の新聞連載が開始されました。68年といえば、中国では文化大革命、フランスでは5月革命、わが国では東大紛争、そしてヴェトナム戦争の泥沼化と世界中が大きく揺れ動いていた年でした。(NY)
商品情報
書名(カナ) シバリョウタロウタンペンゼンシュウ
ページ数 560ページ
判型・造本・装丁 B6判変形 上製 地券表紙カバー装
初版奥付日 2006年02月12日
ISBN 978-4-16-641560-1
Cコード 0393

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く