作品紹介

この作品はあの年代に於ける私の自画像である

欲しかったものを手にしながら、なぜ俺は不安へ落ちていくのか。大学生作家の青春を描く長篇と、死をめぐる短篇集。解説・坂本忠雄

担当編集者より
学生作家として華やかな日々を送る都築明は、ナイトクラブで女優・泉井涼子と知り合い、一夜を共にする。しかし、夜ごと違う男に抱かれる涼子を、明は自分のものと確信できない。不能のバーテン、峠を過ぎた拳闘選手、戦争帰りの殺し屋、テロリズムに身を投じる弟。鮮烈な生き方を選ぶ男たちと真摯に向き合い、明は自己と他者、男と女の間にある亀裂をのりこえようと試みるが……。三巻は初の本格長篇「亀裂」と、死の光景をめぐるオムニバス「死の博物誌」、初期の秀作二篇です。(TM)
商品情報
書名(カナ) キレツシノハクブツシ イシハラシンタロウノブンガク
ページ数 584ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製函入
初版奥付日 2007年03月25日
ISBN 978-4-16-641600-4
Cコード 0393

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く