単行本
単行本

寺内貫太郎一家向田邦子全集〈新版〉 第四巻

向田邦子

  • 定価:本体1,800円+税
  • 発売日:2009年07月28日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

向田邦子〈家族ドラマ〉の代表作!

よくどなる、よく殴る、なにかあると卓袱台をひっくり返す——向田家の父をモデルにしたといわれる人気テレビドラマを作者自身が小説化!

担当編集者より
著者が2作残した長編小説の1つで、テレビドラマとしても人気を博しました。貫太郎のモデルは、著者の父。「よくどなり、よく殴り、5年前に亡くなった。お線香代わりに、ちょっぴり『立派な男』に仕立て直してお目にかけた」。口下手で怒りっぽい反面、濃(こま)やかな情の持ち主。精緻でまたユーモラスに東京・谷中の一家の生活と周辺の人々の息遣いを活写した傑作です。脚本家としての向田さんと小説家としての向田さんの技のせめぎあいが見てとれることも、とても興味深いです。(OS)
商品情報
書名(カナ) テラウチカンタロウイッカ ムコウダクニコゼンシュウ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年07月22日
ISBN 978-4-16-641710-0
Cコード 0393

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く