作品紹介

日本には三十万の名字がある。世界に例のないこの多様さはどこから生じたのか? 身近ながら知られていない、その歴史を解明する

担当編集者より
「ロミオ、なぜあなたはロミオなの?」とは恋するジュリエットの科白ですが、自分の名字について考えた人は多いでしょう。明治八年の「苗字必称令」により、日本人全部が名字を名のるようになりました。その折に、いいかげんに命名したのだろうと思われがちですが、決してそうではなく、多くの名字は中世に遡ること、武家出現という日本史の大きなうねりのなかで名字が発生してきたことを詳述します。(AK)
商品情報
書名(カナ) センゾカラノメッセージ ミョウジトニホンジン
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 1998年11月20日
ISBN 978-4-16-660011-3
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く