新書
新書

これでいいのか、にっぽんのうた

藍川由美

  • 定価:本体660円+税
  • 発売日:1998年11月

作品紹介

出版楽譜は誤植だらけ、詩は勝手に改竄され、歌手の発音もデタラメ。自国の歌に対してこれほど無神経、無責任な国があるだろうか

担当編集者より
とにかく大変な学者なのだ。何しろ「山田耕筰歌曲の楽譜に関する研究」で、ソプラノ歌手で我が国初の博士号を取得した方である。歌も凄い。唱歌・童謡はいうに及ばず山田耕筰・中山晋平・橋本國彦・伊福部昭の歌曲に至るまで、チョー厳密な楽譜校訂に基づいて歌い、年配者の間では今やアイドル的存在。古関裕而の戦時歌謡を歌って「お前は右翼の手先だ」と脅迫状を貰ったこともある。自国の歌に鈍感・無自覚な日本人に与える覚醒の書が本書。(SS)
商品情報
書名(カナ) コレデイイノカニッポンノウタ
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 1998年11月20日
ISBN 978-4-16-660014-4
Cコード C0273

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く