新書
新書

文春新書

渋沢家三代

佐野眞一

  • 定価:本体840円+税
  • 発売日:1998年11月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

日本資本主義を生んだ栄一、それを引継いだ敬三、その狭間で廃嫡の憂き目にあった篤二。大宅賞作家が新資料を得て三代の謎を解く

担当編集者より
日本に資本主義を産み落とした栄一、それを育んだ敬三、その狭間で廃嫡の憂き目にあった篤二。勤勉と遊蕩の血が流れる渋沢家の人間模様を辿ることは、まさに「忘れられた日本人」の掘り起こし作業に他なりません。東電OL殺人事件の裁判傍聴など、超多忙スケジュールの間隙を縫っての書き下し。『旅する巨人 宮本常一と渋沢敬三』で大宅賞に輝いた著者渾身の力作をお届けします。(UT)
商品情報
書名(カナ) シブサワケサンダイ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 1998年11月20日
ISBN 978-4-16-660015-1
Cコード 0236

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く