作品紹介

日帝支配が悔しいだけではない。危うく日本人になりかかった挙句、ついに自力で独立を達成できなかったことが、心の痛みとなるのだ

担当編集者より
韓国人の「反日」は、日本に併合されたこともさりながら、そこから自力で独立を達成できなかったことへの恨みが原因ではないか、というのが著者の推理。そこから「歴史立て直し」というスローガンに及び、歴史は立て直すことができるものなのか、「立て直し」とは今の自分にとって都合の悪いことは、なかったことにしたい、という願望とどこが違うのか、と迫る、韓国滞在十数年に及ぶジャーナリストの考察です。(SH)
商品情報
書名(カナ) カンコクジンノレキシカン
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 1999年01月20日
ISBN 978-4-16-660022-9
Cコード 0222

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く