作品紹介

近代の日本史は「官」に対する「政」の権力奪取闘争の歴史である。55年体制という政官野合の時代が終り、再び対決の時代がやってきた

担当編集者より
明治の昔、国会の審議を経ないで法と同じ効力をもつ「勅令」なるものがあった。ところが日本国憲法下の現在でも、同じような「政令」という制度が残っていることを御存知か? これすべて、自らの権益を手放したくない官僚の仕業である。著者は元・警察のキャリア官僚、明治以降の日本の歴史を、「政」と「官」の攻防というユニークな視点から読み解く本です。(SH)
商品情報
書名(カナ) セイカンコウボウシ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 1999年02月20日
ISBN 978-4-16-660027-4
Cコード C0231

著者

金子 仁洋

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く