新書
新書

文春新書

日米開戦外交と「雪」作戦ハル・ノートを書いた男

須藤眞志

  • 定価:本体690円+税
  • 発売日:1999年02月19日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「ハル・ノート」——それはいかなる経緯で作成されたのか。ソ連内務省パブロフの工作という新事実が明かす日米開戦の残された謎

担当編集者より
ハル・ノートはソ連のスパイが作った、日米開戦はソ連の謀略だった、という噂話が旧軍関係者を中心に囁かれたことがありました。とるにたらぬ謀略史観と見られていたこの俗説に、昨年、アメリカ政府高官に対日交渉の知恵を授けたという元KGBの生き証人が現れた。驚いて調べてみると、アメリカ側がこのソ連の情報工作通りに対日交渉をしていたら、「真珠湾」はなかったという結論になって二度びっくり……。(SK)
商品情報
書名(カナ) ニチベイカイセンガイコウトユキサクセン ハルノートヲカイタオトコ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 1999年02月20日
ISBN 978-4-16-660028-1
Cコード 0231

著者

須藤 眞志

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く