新書
新書

「三国志」の迷宮儒教への反抗 有徳の仮面

山口久和

  • 定価:本体660円+税
  • 発売日:1999年06月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

劉備は本当に仁慈の君か? 孔明は誠忠だけの賢人か? 曹操は単なる奸雄か? 中国思想史から見た、複雑で奥深い英雄たちの素顔

担当編集者より
「弟想いの長男、兄さん想いの三男」に劣らぬ、劉備・関羽・張飛の義兄弟愛。劉備から息子と国の運命を托された孔明の誠忠……幼いころ、三国志に手に汗握り、涙した人も多いでしょう。そんな“美しい思い出”を大事にしたい方は、読まれぬほうがいいのかも。中国思想史の立場から三国志にX線をあてたこの本は、一筋縄ではいかない英傑たちの素顔と、彼らの行動の真意を鮮かに浮き彫りにします。(AK)
商品情報
書名(カナ) サンゴクシノメイキュウ ジュキョウヘノハンコウユウトクノカメン
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 1999年06月20日
ISBN 978-4-16-660046-5
Cコード C0222

著者

山口 久和

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く