新書
新書

江戸諷詠散歩文人たちの小さな旅

秋山忠彌

  • 定価:本体720円+税
  • 発売日:1999年08月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

南畝、徂徠、真淵、芭蕉ら文人たちが、狂詩や漢詩、和歌、俳句に詠んだ江戸名所の情景。往時のにぎわい、人々の息づかいがここに甦る

担当編集者より
若い人の唄を聞くと、随所に英語の文句フレーズが入っていて、オジサンには珍文漢文チンプンカンプンです。でも、江戸の文人たちも――若者の英語のように――漢文・漢詩を自在に操り、感懐を述べていたのでしょう。日本橋、吉原、浅草など、江戸の名所八景を詠った漢詩、狂詩、そして和歌、俳句、川柳を集め、解説した本書からは、往時の文人たちの息づかいが伝わってきます。こよなく江戸を愛する秋山さんならではの一冊、衣袋ポケツトに入れて江戸散策をお愉しみ下さい。(AK)
商品情報
書名(カナ) エドフウエイサンポ ブンジンタチノチイサナタビ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 1999年08月20日
ISBN 978-4-16-660058-8
Cコード C0295

著者

秋山 忠彌

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く