新書
新書

どこまで続くヌカルミぞ老老介護奮戦記

俵孝太郎

  • 定価:本体690円+税
  • 発売日:1999年09月

作品紹介

今の要介護老人は大正バブル期に育った元祖・新人類だ。自らの体験に基づいて語るカネ、兄弟の相克など、誰も言わない介護者の本音

担当編集者より
「こんなに辛辣に親のことを書くなんて」という批判は百も承知、と俵氏。時に怒り、時にボヤき、超高齢の両親との日々を、美談の介護モノとは正反対、率直に綴っています。わがままで嘘つきな親、口は出すが金は出さない妹、嫁イビリ……。肉親のエゴが剥き出しになる「老老介護」の大波小波を俵氏はどう乗りきってきたか?「よくぞここまで言ってくれました」と、痛快な気分にすらなる一冊です。(IS)
商品情報
書名(カナ) ドコマデツヅクヌカルミゾ ロウロウカイゴフンセンキ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 1999年09月20日
ISBN 978-4-16-660063-2
Cコード C0295

著者

俵 孝太郎

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く