作品紹介

バブルの頂点からその崩壊期に、金融行政の要衝に身を置いた“護送船団”最後の指揮官が、率直な反省で綴る日本経済「失敗の本質」

担当編集者より
九六年七月に大蔵省銀行局長をもって退官。バブル経済の絶頂期から金融行政の中枢にいた筆者は、「護送船団」最後の指揮官だったともいえるでしょう。問題の「先取り」ができず、なぜ「先送り」と言われることになってしまったのか。この本は、自ら直接の責任を負うべき数々の出来事を含め、日本経済の「失われた十五年」を、精緻かつ冷徹な視線で凝視したものです。(SK)
商品情報
書名(カナ) キンユウギョウセイノハイイン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 1999年10月20日
ISBN 978-4-16-660067-0
Cコード C0233

著者

西村 吉正

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く