作品紹介

犬猫の死に、精神科医のもとに通うほどの対象喪失反応を示す飼い主が急増している。日本人のペット観の底流を探る気鋭のルポルタージュ

担当編集者より
「大きくなると、かわいくなくなるじゃないですか」――文字通り“猫可愛がり”する人もいれば、こんなとんでもない理由で平然と捨ててゆく人もいる……。ストレスの多い日常の中で、大きな意味を持ちはじめたペット。しかし飼い主の意識は向上したとは言いがたい。詳細なルポルタージュで人とペットの真に幸福な関係を探る。(IS)
商品情報
書名(カナ) ペットトニホンジン
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 1999年11月20日
ISBN 978-4-16-660075-5
Cコード C0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く