作品紹介

アヘン戦争以降の侵略された歴史がトラウマとなっている中国人。中国が真の近代化を実現するには、これを克服しなければならない

担当編集者より
複雑な日米中三国関係のなかで、日本とアメリカは共通の悩みをもっています。対中関係の難しさ——それは台湾問題、貿易問題、人権問題にとどまらず、歴史認識の問題にまで及んでいます。いったい中国の外交、世界戦略は、どのように策定されているのか。それを知るためには一度、「社会主義」というイデオロギーをはずして、中国の過去にさかのぼって考える必要があります。本書は中国がこの百年間にわたって蒙(こうむ)った「重い過去」「被害者意識」がどのようにその外交に反映してゆくのかを丹念に辿った労作です。(AM)
商品情報
書名(カナ) チュウゴクジンノレキシカン
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 1999年12月20日
ISBN 978-4-16-660077-9
Cコード 0231

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く