新書
新書

文春新書

ローマ人への20の質問

塩野七生

  • 定価:本体690円+税
  • 発売日:2000年01月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

古代ローマは人間の生き方、リーダーシップ、国のありかたを学ぶ宝庫だ。その古代ローマがぐっと身近になる塩野七生の「ローマ入門」

担当編集者より
イタリア在住三十年の塩野七生さんは現在、全十五巻の予定で『ローマ人の物語』に取り組んでいる。今なぜ古代ローマなのか。それはローマ帝国の歴史が危機と克服の連続の一千年であったからだ。カルタゴとの死闘に勝ち抜いたあと長い混迷に苦しんだ共和政ローマも、天才カエサルが描いた青写真に沿って帝政へと移行し〈パクス・ロマーナ〉を確立したローマ帝国も、我々と同じ生身の人間が生きた国だった。歴史がどんどん身近になってくる、作家・塩野七生による「古代ローマ入門」。(SS)
商品情報
書名(カナ) ローマジンヘノニジュウノシツモン
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2000年01月20日
ISBN 978-4-16-660082-3
Cコード 0222

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く