新書
新書

執行役員

吉田春樹

  • 定価:本体680円+税
  • 発売日:2000年01月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

執行役員制度とは何か? 取締役会主導の経営ではもはや成り立たなくなった日本企業に、生き残りを賭けた経営革命がはじまった!

担当編集者より
「静」から「動」の経営へと、今、日本の経営は大きく変わろうとしています。それならば、この経営革命の担い手は誰なのか。それが執行役員です。アメリカで始まり、まずソニーがとりいれたこの執行役員制度は、すぐに千社以上が導入に踏みきるだろうといわれています。従来の日本型経営が跡形もなく消えてゆくなかで、なぜ、この制度が必要とされたのか。それは取締役とはどう違うのか、そしてその役割は?この制度を知らずに経営を語れない時代がもうそこまで来ているのです。(AM)
商品情報
書名(カナ) シッコウヤクイン
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2000年01月20日
ISBN 978-4-16-660084-7
Cコード C0234

著者

吉田 春樹

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く