新書
新書

スーツの神話

中野香織

  • 定価:本体720円+税
  • 発売日:2000年03月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

今や、世界の男たちの「制服」となりつつあるスーツ。そこにはどんな歴史が、神話が、秘められているのか?スリリングなスーツ論

担当編集者より
シングルのスーツはなぜ一番下のボタンを外すのか、袖口の切れ込みは何のためか、フォーマルのシャツはなぜ白なのか……紳士服着用の数多くの規則には、すべて背景となる歴史があります。本書では、ジェントルマンとダンディの国・イギリスにおいてスーツがいかに誕生し、「世界最強のメンズ・ファッション」になるまでに、いかなる階級闘争が繰り広げられたのかをたどります。毎朝スーツを着ることが、誇らしく嬉しくなってくる一冊です。(OA)
商品情報
書名(カナ) スーツノシンワ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2000年03月20日
ISBN 978-4-16-660096-0
Cコード C0295

著者

中野 香織

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く