新書
新書

文春新書

二十世紀 日本の戦争

阿川弘之・猪瀬直樹・中西輝政・秦 邦彦・福田和也

  • 定価:本体660円+税
  • 発売日:2000年07月19日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

日露戦争から湾岸戦争まで、日本の運命を決した五つの戦争を俎上にのせ、縦横無尽に語りあう戦争論の決定版。文藝春秋読者賞受賞

担当編集者より
過ぎ去ろうとしている二十世紀に、日本は数多くの戦争と直接、間接にかかわりました。日露戦争、第一次世界大戦、シベリア出兵、満州事変に端を発する日中戦争、太平洋戦争、朝鮮戦争、ベトナム戦争、そして湾岸戦争。まさに日本の二十世紀は「戦争の世紀」でもありました。これらの戦争が日本にもたらしたものは何か。二十一世紀に足を踏み入れる前に、それを真摯に冷静に検討したのがこの本です。ベストメンバーによる討議にあなたも参加してください。(AM)
商品情報
書名(カナ) ニジュッセイキニホンノセンソウ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2000年07月20日
ISBN 978-4-16-660112-7
Cコード 0221

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く