新書
新書

文春新書

百年分を一時間で

山本夏彦

  • 定価:本体690円+税
  • 発売日:2000年10月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

大正四年生まれと平成の才媛の珍問答は時に爆笑、時にまじめ。花柳界から世紀末論争、「IT革命」まで尽きることないおもしろさ

担当編集者より
いつも死んだ人と対話している、「半分死んだ人」山本夏彦氏にとっては過去百年は「ついこの間」。社会主義、電話、花柳界、流行歌……何を素材にしようが、その歴史の流れを語るのに一時間もかからない……ただ骨を折るのが「共通一次育ち」の才媛に、それをどう分からせるか。「えっ、何ですか、それ?」と聞き返されるたびに長嘆息、「あんたそれでも日本人?」ご当人は嘆きつつも読むほうは無類にたのしい、夏彦珍問答集。(IS)
商品情報
書名(カナ) ヒャクネンブンヲイチジカンデ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2000年10月20日
ISBN 978-4-16-660128-8
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く