新書
新書

文春新書

「原発」革命

古川和男

  • 定価:本体700円+税
  • 発売日:2001年08月21日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

今の原発は根源的に変革できる。プルトニウムを消滅させる超安全・超優良な炉はできる。これは地球環境を守る革命的エネルギー論だ

担当編集者より
地球の温暖化を考えれば化石燃料はこれ以上使えない、かといって、風力や太陽光などの自然エネルギー技術はあまりに未熟、残る原発は安全性に疑問、とエネルギー問題にはまるで出口がないかのようです。そんな中、長く原子力開発に携わってきた著者は、事実上頼れるのは原発のみなのだから、今の原発を根本から変えよう、安全な原発は造りうる、危険なプルトニウムは消滅させうる、と訴えています。具体的変革プランには説得力があり、一考に値する現実的で真摯なエネルギー論です。(SH)
商品情報
書名(カナ) ゲンパツカクメイ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2001年08月20日
ISBN 978-4-16-660187-5
Cコード 0250

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く