新書
新書

バレエの宇宙

佐々木涼子

  • 定価:本体710円+税
  • 発売日:2001年09月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

十六世紀フランスの王宮で成立したバレエはなぜ国際的芸術となったのか。その精緻な構造、革新の歴史、各国バレエ団の特色などを

担当編集者より
いまや世界中のバレエ団で日本人が活躍し、各国のトップダンサーもしょっ中やってくる時代です。見るだけで感動が伝わる“世界の合言葉”――十六世紀フランスの宮廷で成立したバレエがなぜこんなに国際的芸術となったのか?その魅力の本質を解明し、改革の歴史やこれからの展望を明晰的確な文で描きます。むろん、スターダンサーたちや各国のバレエ事情の紹介も。バレエを志す人、知りたい人、ファン歴数十年の見巧者にも心強い一冊です。(AK)
商品情報
書名(カナ) バレエノウチュウ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2001年09月20日
ISBN 978-4-16-660194-3
Cコード C0273

著者

佐々木 涼子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く