作品紹介

誰も書かなかった漢字の秘密

本来漢字は日本語とは無縁。だから日本語を漢字で表すこと自体に無理があった。その結果生まれた、世界に希な日本語の不思議とは?

担当編集者より
「カテーの問題」と言われたら、その「カテー」が家庭か仮定あるいは課程か、日本人は前後の文脈から瞬時に判断します。無意識のうちに該当する漢字を思い浮かべながら……。当り前のようでいて、これは実は奇妙なことなのです。本来、言語の実体は音声です。ところが日本語では文字が言語の実体であり、漢字に結び付けないと意味が確定しないのです。では、なぜこんな顛倒(てんとう)が生じたのか?著者は、漢字を工夫して取り込んできた日本語の歴史をたどりながら、その謎を解き明かします。(SH)
商品情報
書名(カナ) カンジトニホンジン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2001年10月20日
ISBN 978-4-16-660198-1
Cコード 0281

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く