作品紹介

決して不登校を奨めるわけではない。しかし……。

親がいくら悩んでも問題は解決しない。不登校児だった若者たちが自らの力で多彩な人生を開拓していく様を生き生きと描くレポート

担当編集者より
「学校に行かないなんてとんでもない」。多くの子どもや親や教師が、この「普通」が正しいという考えに、悩まされ傷ついてきました。しかし、世の中には不登校児と呼ばれながらも、自分で人生を開拓していった少年少女が珍しくありません。著者の江川さんは学校が好きでした。しかし、不登校の経験をもつ多くの若者と接して、学校生活と同じくらい大切なのは、「夢」を抱き、それを実現させようとする力だと思うようになりました。この本はそういう元不登校児たちの素晴らしい記録です。(AM)
商品情報
書名(カナ) ワタシタチモフトウコウダッタ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2001年10月20日
ISBN 978-4-16-660203-2
Cコード C0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く