新書
新書

花の男 シーボルト

大場秀章

  • 定価:本体690円+税
  • 発売日:2001年12月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

海を渡った日本の数々の植物たちがたどった運命

近代医学を伝え、シーボルト事件を起こした人物としてではなく、植物学から捉え直すシーボルト像に、二世紀を経て先駆性を見る

担当編集者より
国禁の地図などを持ち出そうとした、いわゆる「シーボルト事件」を起こした、というのが大方のシーボルト理解。彼が残した『フロラ・ヤポニカ』の存在を知る人は少ない。シーボルトこそは、日本の植物の多彩さ、貴重さに気づいた最初の西欧人であるとの視点から、彼の一生を逆照射したのが本書。ユリ、アジサイなど、苦難の末、持ち帰った日本独自の植物、そしてそれを今でいう通販的やり方でヨーロッパ各国に広めた、その先見性などをクローズアップし、歴史好きだけでなく、ガーデニング・ファン、園芸家にも好個の読物。(UM)
商品情報
書名(カナ) ハナノオトコシーボルト
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2001年12月20日
ISBN 978-4-16-660215-5
Cコード C0223

著者

大場 秀章

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く