作品紹介

泥棒、売春婦の次に古い職業

外交とは、外交官とは何か? 一歩判断を誤れば、たちまち国の存立を脅かすことになる“水面下の職業”にたずさわる人たちの素顔

担当編集者より
世界でもっとも古い職業は泥棒と売春婦と外交官、とよく言われてきました。歴史時代がはじまる遥か以前から、外交は、ある国を滅ぼし、ある国を繁栄させてきました。宮廷外交とはどのようなものだったのか、近代外交はどのようにして生まれたのか、また外務大臣、外務省、大使たちの役割は何なのか、そのすべてがこの本の中で紹介されています。現在の日本外交の惨状がどこから来たのかについても詳しく語られています。(AM)
商品情報
書名(カナ) ショクギョウトシテノガイコウカン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2002年03月20日
ISBN 978-4-16-660235-3
Cコード C0231

著者

矢田部 厚彦

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く