新書
新書

文春新書

日本を滅ぼした国防方針

黒野 耐

  • 定価:本体730円+税
  • 発売日:2002年05月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

陸海軍最高の頭脳が作った計画の実像

大東亜戦争惨敗の大きな原因の一つは長期的な軍事方針の欠如である。陸海軍も惰眠を貪っていたわけではないが、敗北は必然だった

担当編集者より
少し前、「あのときこうすれば大東亜戦争に勝つことができた」式の言論が流行したことがあります。しかし、中国大陸や太平洋における日本の惨敗は、作戦が失敗したり指揮官たちが無能だったせいではありません。明治末期から何度も作られた国防方針が、政治や外交との有機的なかかわりを欠いていたことに悲劇の原因はあったのです。日本社会の超エリートたちが、いかにして祖国を滅亡に導いたか。戦史の専門家が冷静に分析します。(AM)
商品情報
書名(カナ) ニホンヲホロボシタコクボウホウシン
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2002年05月20日
ISBN 978-4-16-660247-6
Cコード 0221

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く