新書
新書

ゲリラの戦争学

松村劭

  • 定価:本体700円+税
  • 発売日:2002年06月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

二十一世紀の戦争はこう変わる!

古代の戦争からアメリカ同時多発テロ事件までの戦例を拾い、ゲリラ戦術の特色や対ゲリラ戦の極意を説いて新しい戦争の形態を探る

担当編集者より
劣勢の軍事力で優勢の敵に立ち向かうゲリラの戦術は、残された史料が乏しく、軍事史的研究も容易ではありませんでした。本書では、紀元前のユダヤのゲリラ戦からアメリカ同時多発テロ事件まで、主に近代以降の戦例を取り上げ、ゲリラ及び組織テロの軍事的な特色を分かりやすく描いて、二十一世紀の戦争の姿を浮き彫りにします。ここで紹介されるゲリラ戦の戦闘要領や極意などは、弱者が強者と戦うすべを示して、企業経営や人生の指南としても大いに役立つことでしょう。(TC)
商品情報
書名(カナ) ゲリラノセンソウガク
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2002年06月20日
ISBN 978-4-16-660254-4
Cコード C0231

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く