新書
新書

ユーロの野望

横山三四郎

  • 定価:本体700円+税
  • 発売日:2002年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

円、ドル、ユーロ三つどもえの凄絶なせめぎ合いが始まった

ユーロの登場は日本経済に厳しい試練を与えることになる。EUまでの欧州統合の葛藤の歴史をたどり、ユーロの現在をリポートする

担当編集者より
いよいよユーロ紙幣と硬貨の流通が始まり、円、ドル、ユーロ三つどもえの凄絶なせめぎ合いが始まりました。アジア通貨危機の一因となるなど、域外への影響ははかりしれず、円の相対的地位の低下が日本経済に厳しい試練を与えることになりそうです。本書はEUまでの欧州統合の道をたどり、ユーロの現在を生々しくリポートします。大英帝国の栄光を忘れられないイギリスのユーロへの根強い反発など、古代ローマ以来の悲願達成には痛みを伴う葛藤の歴史があったようです。(TC)
商品情報
書名(カナ) ユーロノヤボウ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2002年07月20日
ISBN 978-4-16-660258-2
Cコード C0233

著者

横山 三四郎

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く