作品紹介

「純国産」クレジットカードが地球上に広がるまで

外資との提携をせず敢えて独立路線を選んだのはいいが、海外へ飛び出していった男たちと家族を待っていたのは汗と涙とイバラの道

担当編集者より
いまから二十年以上前、JCBが独力で国際展開を始めたとき、周囲は「ハラキリカードになる」「業界のドンキホーテ」と酷評しました。しかし、いまやJCBカードは、アメックス、VISA、ダイナース、マスターズと伍して世界中で通用するクレジットカードになりました。クレジットカードの仕組みを理解しない国にまで乗り込み、汗と涙を流しながらシェアを獲得していった男たちを描いた傑作ビジネスノンフィクションです。(AM)
商品情報
書名(カナ) サムライカードセカイヘ
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2002年08月20日
ISBN 978-4-16-660263-6
Cコード C0233

著者

湯谷 昇羊

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く