新書
新書

総理大臣とメディア

石澤靖治

  • 定価:本体690円+税
  • 発売日:2002年09月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

もはやメディアを無視して政治は成り立たない

二〇〇一年、日本は本格的なメディア政治の時代に突入した。その象徴、小泉総理が「メディア宰相」であるが故に抱えるジレンマとは

担当編集者より
世論の支持を受けて誕生した小泉政権、ワイドショーを舞台に繰り広げられたマキコ騒動、各党が積極的にCMに取り組んだ参院選――二一世紀に入って、日本の政治とメディアをめぐる状況は大きく動きました。いまやメディア対策が政治家の死命を決するといっても過言ではありません。「小泉改革」が歩みを止めてしまったかに見えるのは「メディア宰相」が抱えるジレンマからすれば当然の結果だと語る著者の分析には、強い説得力があります。(TD)
商品情報
書名(カナ) ソウリダイジントメディア
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2002年09月20日
ISBN 978-4-16-660268-1
Cコード C0231

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く