新書
新書

煙草おもしろ意外史

日本嗜好品アカデミー・編

  • 定価:本体700円+税
  • 発売日:2002年09月

作品紹介

それはいつの世も「けむたい存在」だった――

たばことの出会いは人類に何をもたらしたのか。マナーの悪さは紙巻きたばこのせいか。ちょっと一服、この嗜好品を考察してみると

担当編集者より
たばこは伝来当初からずっと「けむたい存在」でした。アメリカ先住民の悪習だから文明人は見習うべきではないと教えを垂れるキリスト教国の王、鼻そぎ・耳そぎなどの刑を科すイスラム教国の専制君主、たびたび禁煙令を出して取り締まった江戸幕府。しかし、それほど悪いたばこなら、どうして何百年もの間人々に愛され続けてきたのか。私たちの祖先は、かくも愚かだったのでしょうか。ちょっと一服、その歴史を繙いてみると――。思わず誰かに話したくなるエピソード満載です。(UT)
商品情報
書名(カナ) タバコオモシロイガイシ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2002年09月20日
ISBN 978-4-16-660270-4
Cコード C0295

著者

日本嗜好品アカデミー編集

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く