新書
新書

文春新書

植村直己 妻への手紙

植村直己

  • 定価:本体750円+税
  • 発売日:2002年10月21日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「私のかってな遊びを許してくれ!」

世紀の冒険家が生涯を誓い合った相手に極限の旅先から書き送った数々の手紙。冒険家の生々しい素顔と愛情あふれる文面が胸をうつ

担当編集者より
『青春を山に賭けて』などで今なお根強いファンをもつ植村さんが厳冬のマッキンリーで消息を断ってから十八年。ここに公子夫人の許可を得て、世紀の冒険家が世界各地から夫人に書き送った書簡を公刊します。婚約して出発したヒマラヤのダウラギリ峰からは、毎日、和紙に現地の景色などをスケッチした上に短文を添えた愛情あふれる手紙を、新婚直後出発した、二年に及ぶ北極圏犬橇いぬぞり旅からは、長い孤独の中で生々しい肉声を送っています。ご一読を。(UM)
商品情報
書名(カナ) ウエムラナオミツマヘノテガミ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2002年10月20日
ISBN 978-4-16-660275-9
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く