新書
新書

中国名言紀行中原の大地と人語

堀内正範

  • 定価:本体700円+税
  • 発売日:2002年10月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「登龍門」ってどこにあるか知ってますか?

黄帝の「華胥の夢」から毛沢東「実事求是」まで、名高い故事成語はどこでできたのか。その“現場”を訪ねる“中国四千年ことばの旅”

担当編集者より
中国文明のゆりかごといわれる黄河流域の「中原」の地は、また「名言のふるさと」でもある。「華胥(かしょ)の夢」の黄帝や「酒池肉林」の紂王(ちゅうおう)、「無為」を説く老子、「喪家の狗(いぬ)」と言われながら苦難の旅を続けた孔子一行……。われわれ日本人にとっても血肉となっているこれらの故事成語が、しかし、実際にどのような土地で発せられたかを知る人は少いだろう。古代から現代の毛沢東に到る七十ほどの名言をとりあげ、その“現場”をたずねる。中国四千年の歴史と知恵が身近になるレポート。(AK)
商品情報
書名(カナ) チュウゴクメイゲンキコウ チュウゲンノダイチトジンゴ
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2002年10月20日
ISBN 978-4-16-660276-6
Cコード C0295

著者

堀内 正範

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く