新書
新書

宝塚 百年の夢

植田紳爾

  • 定価:本体680円+税
  • 発売日:2002年10月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

世界で唯一のメルヘンランドへようこそ

新劇場と新しい組を擁して更なる挑戦へ。八十八年を迎えた宝塚歌劇の過去・現在・未来を、“ベルばら”の演出家で現理事長が綴る

担当編集者より
タカラヅカを見たことのない人でも、『ベルばら』の名はご存じだろう。筆者はこの空前のヒットをとばした演出家で、現在は理事長として経営の任にも当っている。本書の構成は、過去から未来へと――第一幕が歌劇団八十八年の回顧。二幕目は大震災時の苦労話、新劇場・「宙(そら)組」誕生秘話など昨今の話題を。第三幕は、これからのビジョン、提案など。永年に亘り、大勢の人に夢を与えてきたメルヘンランドを愛し、気遣う思いが率直に綴られている。(AK)
商品情報
書名(カナ) タカラヅカヒャクネンノユメ
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2002年10月20日
ISBN 978-4-16-660277-3
Cコード C0273

著者

植田 紳爾

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く