文春新書

拉致と核と餓死の国 北朝鮮

萩原 遼

  • 定価:本体680円+税
  • 発売日:2003年03月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

金正日に北朝鮮を支配する権利はない

他国民を拉致し、三百万もの自国民を餓死させながら核兵器開発をやめない独裁者。北朝鮮民衆の窮状を体験と深い調査をもとに暴く

担当編集者より
大新聞が北朝鮮寄りの記事を載せていた頃から、萩原さんは大宅賞を受けた『北朝鮮に消えた友と私の物語』などの著作で、金日成・正日父子が他国民と自国民に対しどれだけの非道を働いてきたかを告発してきました。日朝首脳会談で金正日が拉致を認めたこと、また相次ぐ脱北者たちの証言によって、その眼の正しさは証明されています。金正日の恫喝に屈し安易に北と妥協することがどんなに危険か、日朝の未来はどうあるべきか、鋭い分析と真摯なメッセージが本書には込められています。(TD)
商品情報
書名(カナ) ラチトカクトガシノクニキタチョウセン
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2003年03月20日
ISBN 978-4-16-660306-0
Cコード 0222

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く