新書
新書

「証券化」がよく分かる日本を変える画期的な金融技術

井出保夫

  • 定価:本体680円+税
  • 発売日:2003年08月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

まったく新しい金融技術が今や日本を変えつつある

銀行借入や社債発行とは違う新たな資金調達法。アメリカで巨大な市場を作っているこの金融技術の仕組みと実情をやさしく紹介する

担当編集者より
いま証券化が注目されています。デフレ経済で金融全体が縮小する中で急成長しているからです。証券化とは、企業などが保有する資産を裏付けにした証券を発行し、投資家から資金を集めること。銀行借入や社債発行とは違う新しい資金調達法で、投資家には金融商品としての利回りの高さが魅力です。すでにアメリカでは巨大な流通市場が形成され、日本では九〇年代にスタートしました。そのしくみと現状を分かりやすく紹介したのが本書です。(TC)
商品情報
書名(カナ) ショウケンカガヨクワカル ニホンヲカエルカッキテキナキンユウギジュツ
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2003年08月20日
ISBN 978-4-16-660334-3
Cコード C0233

著者

井出 保夫

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く