新書
新書

ビルはなぜ建っているか なぜ壊れるか現代人のための建築構造入門

望月重

  • 定価:本体700円+税
  • 発売日:2003年08月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

あのビルも飛行機の突入を計算して造られていた!

迫りくる大地震にあなたの住むビルは大丈夫か? 絶対「安全」な建物はあるの? 現代人必須の知識「建築構造」の基礎を絵入りで伝授

担当編集者より
私たちは日々ビルの中に住み、ビルの中で働いている。まさかそのビルが崩壊するなんて、考えもしない。大地震に遭ったり、飛行機が突っ込んでくるまでは……。建物をちゃんと建たせている仕組み「建築構造」は、その意味で現代市民必須の知識といえる。いま居るビルの重さは、どんな材料でできているか、いかなる力がかかっているか、安全度は……等々を、豊富なイラスト入りで分かりやすく説明。身近なビルが違って見えるだろう。(AK)
商品情報
書名(カナ) ビルハナゼタッテイルカナゼコワレルカ ゲンダイジンノタメノケンチクコウゾウニュウモン
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2003年08月20日
ISBN 978-4-16-660335-0
Cコード C0252

著者

望月 重

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く