新書
新書

文春新書

讃美歌と近代化の間で「唱歌」という奇跡 十二の物語

安田 寛

  • 定価:本体680円+税
  • 発売日:2003年10月20日

作品紹介

知って歌うと十二倍愉しい!

讃美歌がアジアの伝統の歌を圧倒する中で、唯一誕生した「唱歌」。「むすんでひらいて」「さくらさくら」など愛唱歌の意外な背景と秘密

担当編集者より
キリスト教に基づく近代教育は圧倒的な力でアジア太平洋地域を席捲した。讃美歌によって、各地の長い伝統をもつ歌謡も根絶やしにされる。中で唯一、讃美歌を換骨奪胎して新しく生まれた“奇跡”が日本の「唱歌」だった。それは自前で近代教育ができるかどうかとも関わる問題だった……。「むすんでひらいて」「蛍の光」「蝶々」など、十二の唱歌に秘められた、歴史の深層を浮き彫りにする。(AK)
商品情報
書名(カナ) サンビカトキンダイカノアイダデ ショウカトイウキセキジュウニノモノガタリ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2003年10月20日
ISBN 978-4-16-660346-6
Cコード 0295

著者

安田 寛

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document