新書
新書

天下人の自由時間

荒井魏

  • 定価:本体720円+税
  • 発売日:2003年11月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

戦国武将の「へぇ~」がいっぱい

戦に明け暮れ天下統一を成し遂げた信長、秀吉、家康にも、意外な趣味と人情があった!? 史実が語る戦国期の人生と余暇の歴史夜話

担当編集者より
信長、秀吉、家康。三大武将の武功は有名ですが、彼らが意外な趣味や人情の持ち主だったことは、ご存知でしたか。「信長が桶狭間の戦いに勝ったのは鷹狩りに秘訣があった」「秀吉は筆まめで女房操縦術に長けていた」「家康は碁敵と真の友情を築いた」……歴史トリビアは「何へぇ」でしょうか?著者の荒井氏は毎日新聞学芸部編集委員の一方、日本余暇学会の理事も務める研究家。本書も毎日新聞日曜版で好評を博した連載、知られざる史実にジャーナリストの視線で切り込みます。(SH)
商品情報
書名(カナ) テンカビトノジユウジカン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2003年11月20日
ISBN 978-4-16-660351-0
Cコード C0221

著者

荒井 魏

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く