作品紹介

殿さまも大変だったかもしれない

北から南まで全国二百八十の大名家を網羅。明君あり暗君あり、お家騒動あり改易あり。立藩から廃藩に至る各藩の歴史ドラマを描く

担当編集者より
地方分権が叫ばれて久しい。が、考えようによれば、日本人は既に経験済み。江戸時代の「藩」は、現在の県や市町村と違い、強い自治権をもつ、いわば“小さな政府”だった。幕末に存在した二百八十のそれら“小さな政府”をすべてとりあげ、立藩から廃藩にいたる歴史を浮き彫りにする。大藩あり小藩あり。明君あり暗君あり。お家騒動や改易もしばしば。大地震や飢饉にみまわれ、借金地獄に苦しむ藩もあれば、産業育成、政治改革に熱心な藩もあった。昔も大変だったのです。(AK)
商品情報
書名(カナ) ダイミョウノニホンチズ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2003年11月20日
ISBN 978-4-16-660352-7
Cコード 0221

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く