新書
新書

新聞と現代日本語

金武伸弥

  • 定価:本体720円+税
  • 発売日:2004年02月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「ら致」か「拉致」か、長島茂雄か長嶋か

誰にも読めることをめざす新聞の表記は、現代の日本語のいわばスタンダード。この身近な“教材”をもとに私たちの言葉を再勉強する

担当編集者より
さくら、サクラ、桜、櫻、SAKURA……。日本語の表記は実に豊かというか複雑多様。その中で、誰もが読め、誰もが一様に理解できることをめざす新聞の表記法は、現代日本語の一つのスタンダードといえるでしょう。では、その依拠する規則は何なのか?「ら致」といったおかしな表記になぜなったのか?長嶋茂雄なのか長島か?身近な“教材”である新聞を通して日本語を見直し学び直す一冊。毎朝、新聞を読む愉しさが倍増します。(AK)
商品情報
書名(カナ) シンブントゲンダイニホンゴ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2004年02月20日
ISBN 978-4-16-660366-4
Cコード C0281

著者

金武 伸弥

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く