作品紹介

古き良きあの黄金時代は必ず戻って来る

高度成長は石油ショックで終わったのではない。田中角栄の登場で死んだのだ。独創的な視点から日本経済の復活を提言する告発の書

担当編集者より
高度成長は石油ショックで終わったのではない、田中角栄の登場で死んでしまった、と著者は言います。公共投資を経済効率の悪い地方へ傾斜配分することで、地方から都市への人口移動の激減を招き、成長率の急激な低下をもたらしたというわけです。税制改悪、大店法、持ち家政策、年金、鉄道ネットワークなど、様々なキーワードを軸に独自の視点から日本経済を振り返り、古き良きあの高度成長は誰が殺したか、と大いに怒りながらも、人を大都市圏に集めれば復活できると提言します。(TC)
商品情報
書名(カナ) コウドケイザイセイチョウハフッカツデキル
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2004年07月20日
ISBN 978-4-16-660389-3
Cコード C0233

著者

増田 悦佐

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く