作品紹介

八十年の歴史は多くの球史を生み出した

高校野球とタイガース――太平洋戦争を経て阪神大震災にも耐えた球場に刻まれた、汗と涙の人間臭い秘話がここに集結する決定版!

担当編集者より
春夏の高校野球の舞台であり、阪神タイガースのホームグラウンドである甲子園球場が、この八月一日で満八十歳を迎えます。“現役”としては最長老のこの野球場には、様々な歴史が刻まれています。太平洋戦争の戦禍をくぐりぬけ、また阪神淡路大震災にも耐えた堅牢な骨格はいかにして誕生したのか? 気骨ある男たちの建設にかける情熱を綴ると共に、球場で繰り広げられたスキー大会や「アメフト・ボクシング」の変則ダブルヘッダーの模様など、埋もれた史実に再び光をあてる一冊です。(SH)
商品情報
書名(カナ) コウシエンキュウジョウモノガタリ
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2004年07月20日
ISBN 978-4-16-660392-3
Cコード C0221

著者

玉置 通夫

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く