作品紹介

『大正天皇』と『昭和史七つの謎』の著者による画期的対談

軍部や弟宮との関係、自ら詠んだ和歌、植民地統治のあり方、声や挙動、そして帝王学——現代史を体現する昭和天皇の実像に迫る!

担当編集者より
静かなブームとなっている現代史。その最大の“スター”といえば昭和天皇です。本書は『大正天皇』で話題を集めた原氏と、現代史ブームの火付け役『昭和史七つの謎』の著者・保阪氏が、〈記憶〉〈声〉〈御製〉〈身体〉〈祈り〉〈軍部〉など、これまで見落とされがちだった視点から、昭和天皇を語り尽した対談集です。白熱した議論は、十時間近くに及びました。皇太子発言で注目を集める、現在の皇室のあり方を考える上でも、示唆に富んだ一冊です。(SH)
商品情報
書名(カナ) タイロンショウワテンノウ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2004年10月20日
ISBN 978-4-16-660403-6
Cコード 0221

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く