新書
新書

文春新書

計量文献学の世界シェークスピアは誰ですか?

村上征勝

  • 定価:本体680円+税
  • 発売日:2004年10月20日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

源氏物語の「宇治十帖」は紫式部の作ではない?

旧約聖書から「かい人21面相」まで、紫式部も川端康成、プラトンも、「文章の指紋」を暴けばここまで分かる。最新科学の成果とは

担当編集者より
昔から文学作品などの著者をめぐる謎は尽きませんが、近年の計量文献学は文章の数量的な分析から著者を割り出すことに画期的な成果を上げています。『新約聖書』のパウロの書簡は、ほんとうにパウロが書いたのか。シェークスピアの正体とは? 『源氏物語』の「宇治十帖」の作者は紫式部ではない? 更には、川端康成の文体の変化や「かい人21面相」の脅迫状にいたるまで、本書では「文章の指紋」を検証して、さまざまな謎をあばいてご覧に入れます。(AK)
商品情報
書名(カナ) ケイリョウブンケンガクノセカイ シェークスピアハダレデスカ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2004年10月20日
ISBN 978-4-16-660406-7
Cコード 0295

著者

村上 征勝

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く