新書
新書

文春新書

デフレはなぜ怖いのか

原田 泰

  • 定価:本体680円+税
  • 発売日:2004年10月20日

作品紹介

物価が下がるのだから歓迎、という人たちへ

デフレが回り回って我々の生活に壊滅的な打撃を与えるメカニズムを解明。そしてそこから脱却するための方法を明快に提示する!

担当編集者より
敗戦直後の一時期を除いて日本経済はずっとインフレ基調の中にありました。つまり物価は常に上昇し、家計を圧迫してきたのです。そのため、最近のデフレ傾向を、物価が下がるのなら結構じゃないか、と歓迎するむきもあります。しかし、デフレはやはり「死にいたる病」なのです。日本経済がデフレに陥った理由、そしてそこから脱却する道を明快かつ平易に解説し、内心ではデフレを歓迎している一部の銀行や官僚の怠慢を鋭く指摘します。(AM)
商品情報
書名(カナ) デフレハナゼコワイノカ
ページ数 184ページ
判型・造本・装丁 新書版
初版奥付日 2004年10月20日
ISBN 978-4-16-660407-4
Cコード 0233

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く